最近は自分で作り上げるDIYが流行っています。理由としては、出来合いの製品では自分にあったものが見つからない不満がある人や、単に費用を抑えたい人などさまざまです。確かに好きなものを形にすることができる点や材料費のみで完成できることは、DIYのメリットと言えます。

家の模型とDIYの道具

市販のものは、多くの人のニーズに合わせて作られているので細かな点で個人の欲しいものとズレが生じます。ちょっとした寸法の違いによって部屋に収まらない時は、なんとかならないかと悩んでしまいます。どうしても必要なものだからと購入したら、寸法が合わないことで置けないことに気がついて失敗してしまったと感じることもあります。そんな経験をすると、自分で作った方が安心と言う気持ちになります。

市販品は作業費や業者の利益が含まれているため、材料費以外の費用が必要です。つまり同じ材料のものでもDIYで作るよりも高くなるのは当然です。作業費や利益を省いて材料費だけで欲しいものが手に入ることDIYのメリットです。ただしDIYにすれば全てがうまく行くわけではありません。うまくいかないで失敗してしまった時や思った仕上がりにならなかったと感じた時は、やらなければよかったと思います。費用をかけても目的のものが得られないと言うことはデメリットになります。

しかし、デメリットかもしれませんが、思った仕上がりにならなかった時でも、損するのは材料費のみと言う点では、そんなに大きなものではないかもしれません。また自分で作ったものは、作り直すこともできます。思い通りにならなかった部分を、工夫して修正できるのもDIYならではのメリットと言えます。

DIYのデメリットで最も大きなものは、実現するためにはある程度の技能を必要とすることです。全くの初心者の場合、何からやればいいのかわかりません。欲しいものは頭にあるのにそれを実現する方法がわからないと言う問題は解決することは簡単ではありません。

ただし一度簡単なものを作ってみると、大体の流れがわかるようになります。その後少しずつ難しいものに挑戦できるようになります。最初は頭の中のイメージを紙に書き出すことから始めると良いでしょう。考えの整理がつくことと、自分以外の人にイメージを見せることができます。他人からアドバイスをもらうことができると実現に一歩近づきます。

どうして良いのかわからないから、DIYを始められないと言う人は、イメージを書いてみることが重要です。最初からうまく書くことはないので、大まかな形がわかる程度で十分です。