壁のDIYに使える!水性ペンキ「Navia」の使用方法とは?

DIYで難しいとされるのが、仕上げの塗装です。どんなに図面通りにできても、塗装が悪ければ全てがダメになります。NaviaはDIYにおすすめの水性ペンキです。簡単に仕上げることができる塗料が欲しいと言うニーズに合わせて作られました。

壁などを塗る時には、液だれやムラになるなどの問題があります。塗る面の方向を変えることができないので、塗りにくい姿勢で作業をしなければいけません。このような状況が塗装を難しくしています。

Naviaは塗りやすさにこだわった特徴がいくつかあります。塗りやすさとはムラにならないことや液だれがないこと、伸びが良いことです。そして重ね塗りをしなくてもしっかりと色がつくことも重要です。つまり1回できれいな仕上がりになると言うことになります。

塗装する色によっては、下地が透けて見えてしまうことで仕上がりが悪くなることがあります。だから黒よりも黄色や白色などは難易度が高い色と言えます。その難易度は隠蔽力によって決まります。下地をどれだけ隠すことができるかと言う力の程度です。Naviaは色ごとにこの隠蔽力を明示しているので、色を選定する際の参考にできます。

伸びが良いことでローラーやハケを使ってもきれいに仕上がります。壁を塗装する時には範囲が広いのでローラーが便利です。境界の部分になれば細かな作業になるのでハケが必要になります。Naviaならどちらを使ってもきれいに仕上げることが可能です。水性ペンキなので塗料のばらつきが起きにくく、一定した色を再現することが可能です。

そして水性ペンキならではのメリットが、手についても落としやすいと言うことです。水やお湯で洗い流すことが可能なので、子供と作業しても安心です。使ったローラーやハケも簡単にお手入れすることが可能です、またペンキ特有の臭いも少ないので、作業も簡単で安全です。

Naviaの使用方法としては、使用前にしっかりと攪拌することから始まります。水性ペンキも時間が経てば素材が分離します。そのまま使ってしまうと本来の色や性能を発揮することができません。容器全体をしっかりと混ぜ合わせることで均一な状態にします。

使う時は必要な分だけ取り出しましょう。容器を開けたままでは水分が蒸発し、成分が濃くなってしまいます。必要な分だけを別容器に移してから使います。一度移した分は、残っても戻さないようにしましょう。そのあとの使用方法は、ハケやローラーにつけて満遍なく伸ばすだけです。