DIYではできない部分をリフォーム業者に依頼しよう!気になる費用は?

パソコンと電卓とMONERの文字

DIYと言っても、できる範囲には限度があります。特に本棚や台などの簡単なものなら問題ありませんが、生活の中で必要な部分を変える事になる場合は、難易度が急激に上がります。そんな時は無理せずにリフォーム業者にお願いすると安心です。特にキッチンやトイレ、浴室などの水回りは専門性が高く、難しいところになります。もし簡単に考えていて、作業をしてしまった結果で水漏れなどが発生すると、対応にかなりの費用が発生することになります。少しでも安くしようと考えていたのに、本末転倒な結果になるでしょう。

そんなリスクを考えると、最初からリフォーム業者にお願いした方が安心と言うことになります。でもDIYしたい理由は費用を抑えたいからで、それに見合うものが手に入るかと躊躇してしまうかもしれません。

リフォーム業者に頼んだ場合の相場を部位別に比較してみると、キッチンが60~90万円、浴室は80~100万円、トイレが20~30万円となります。この費用には作業費や部品代が含まれています。DIYで行った時でも部品代は同じようにかかります。もしかしたら、仕入れ値で用意できるリフォーム業者の方が同じ型を安く提供できるかもしれません。そうなると作業費の部分がそのまま追加になっていると言うわけではないかもしれません。

部位別に相場が違うのは利用する材料費が違うからだと言えます。確かにキッチンや浴室の部品は高価のものが多く、費用に影響するものがほとんどです。作業費は基本的には同じなので、費用の差には影響しません。だから自分で行ったとしてもあまり変わらないかもしれません。

また作業費には、専用工具などの費用も含まれています。自分で行うDIYではそれらの工具を用意することが必要です。必ず使うものは、一度しか使わないのに購入しなければならない場合もあります。その費用を含めると、DIYでもそれほど安くならないことがあります。トータルで考えると損をしていたなんてこともあるので注意が必要です。

仕上がりなどを考えるとリフォーム業者にお願いすることも選択肢として考えておくと良いでしょう。まずは見積もりをもらって、自分でやってどれだけコストを削減できるのか、その分にメリットがあるかなどを考えてみた方が安心です。作業している間使えないことも忘れてはいけません。そのような時間を短くして完了することができると言うメリットも、検討時には忘れずに含めておきましょう。